病院情報公開の目的

DPCデータから全国統一の定義と形式に基づいた指標を作成し、市民の皆様に情報公開を進めています。
数値やデータを解説化することにより、当院の特徴や急性期医療の現状を理解していただくことを目的として公開しています。
また、当院におけるDPCデータの質の向上とDPCデータ分析力、説明力の向上を図っていきます。

DPC(診断群分類包括制度)とは

Diagnosis Procedure Combinationの略で、医師が決定した主病名に基づき、入院患者様の一連の医療行為を、国で定めた1日あたりの定額の点数から入院医療費を計算する制度です。
DPCの対象となる患者様は、医療保険を使用し、一般病棟に入院された患者様です。
傷病名と手術、処置の有無の組み合わせによって14桁のDPCコードから決められています。

主な定義

平成30年度(2018年4月1日〜2019年3月31日)に退院された患者様が対象です。
医療保険適用患者様が対象となり、自動車賠償責任保険や労災保険、自費等の患者様は含みません。
入院期間中に一度も一般病棟を使用されなかった患者様、入院後24時間以内に死亡した患者様は集計対象外となります。
全集計について、10人未満の場合は「-(ハイフン)」を表記しています。

年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード

年齢区分 0〜 10〜 20〜 30〜 40〜 50〜 60〜 70〜 80〜 90〜
患者数 29 26 27 72 115 266 470 605 241

平成30年度に退院された患者様の年齢を年齢階級別(10歳刻み)に集計したものです。
当院では、70歳以上の患者様が多く、全体の半数を超えています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

診療科名:内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
050130xx99000x 心不全 73 21.12 17.66 1.37% 86.05  
100393xx99xxxx その他の体液・電解質・酸塩基平衡障害 51 16.08 10.03 1.96% 81.16  
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 50 19.84 12.58 2.00% 81.16  
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 40 14.33 13.46 2.50% 83.20  
030400xx99xxxx 前庭機能障害 34 7.76 5.10 0.00% 68.24  

内科で最も多い症例は、心不全です。続いて脱水症、腎臓または尿路の感染症、肺炎です。
特に高齢者の患者様は重症化しやすいため、長期の入院となる場合が多く見受けられます。


診療科名:外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) 35 3.74 4.96 0.00% 71.29  
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む) 27 3.22 2.67 0.00% 72.93  
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 17 7.47 7.75 0.00% 64.76  
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 14 14.14 10.08 0.00% 77.21  
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 13 3.92 4.33 100.00% 70.00  

外科で最も多い症例は、鼠径ヘルニアとなっており、平均在院日数は全国平均と比べ短い傾向にあります。
続いて、大腸ポリープ、大腸の憩室に炎症をおこす憩室性疾患、胆管炎、直腸の悪性腫瘍が多くなっています。


診療科名:整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 124 32.60 26.30 27.42% 82.88  
160760xx97xxxx 前腕の骨折 36 15.67 5.68 2.78 66.72  
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死,股関節症(変形性を含む) 25 36.92 22.27 8.00% 71.88  
160690xx99xx0x 胸椎,腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む) 20 29.55 19.61 15.00% 82.30  
070085xx97xxxx 滑膜炎,腱鞘炎,軟骨などの炎症(上肢以外) 18 20.50 13.48 5.56% 49.67  

整形外科では、大腿骨骨折や脊椎圧迫骨折等の高齢者を中心とした症例が多くなっています。また、一般病棟で急性期治療を行った後、地域包括ケア病棟へ転棟し、リハビリテーション等の継続的な治療を行っているため、平均在院日数は全国平均と比較して長くなっています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード

  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
StageT StageU StageV StageW 不明
胃癌 1 8
大腸癌 25 1 8
乳癌 1 8
肺癌 1 8
肝癌 1 8

※1:UICC TNM分類、2:癌取扱い規約

胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌の患者数を初発のUICC病期分類別及び再発に分けて集計しています。
UICC病期分類とは、国際対がん連合(UICC)によって定められた、@原発巣の大きさと進展度、A所属リンパ節への転移状況、B遠隔転移の3つの要素によって各癌をT期(早期)からW期(末期)の4ステージに分類するものです。
数値が10未満となった症例のデータは記載しておりませんが、当院では、胃や大腸の消化器系癌が最も多くなっています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード

  患者数 平均在院日数 平均年齢
軽症 30 9.13 59.10
中等症 138 17.64 81.32
重症 36 28.92 85.08
超重症
不明

肺炎の重症度分類(A-DROPスコア)を用い集計しています。
1.年齢(男性70歳以上、女性75歳以上)
2.BUN21mg/dl以上または脱水
3.SpO2(酸素飽和度)90%以上(PaO2 60Torr以下)
4.意識障害
5.収縮期血圧90mmHg以下
※5点満点で、1項目該当すれば1点、2項目該当すれば2点

軽症:0点の場合
中等症:1〜2点の場合
重症:3点の場合
超重症:4〜5点の場合。ただし、ショックがあれば1項目のみでも超重症とする。
不明:重症度分類の各因子が1つでも不明な場合。

当院は、比較的若年層では重症度の低い患者様が多く、年齢が高いほど重症度が高くなり平均在院日数が長くなる傾向にあります。

脳梗塞の患者数等

ファイルをダウンロード

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 27 25.41 79.00 15.15%
その他

当院では、発症日から3日以内(急性期)の症例が脳梗塞の全体を占めています。
その他の症例は、合計数値が10未満のためデータは記載しておりません。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

診療科名:内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 11 2.18 2.45 0.00% 74.55  
 
 
 
 

内科では、大腸ポリープに対する内視鏡的ポリープ・粘膜切除術を最も多く行っており、内視鏡検査でポリープが見つかり切除する場合も多いです。


診療科名:外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術 32 0.00 2.47 0.00% 69.75  
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 24 2.17 5.63 4.17% 68.08  
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 21 0.76 2.10 0.00% 74.19  
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置 15 4.93 7.67 0.00% 64.53  
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 13 3.08 15.62 0.00% 83.00  

外科では、腹腔鏡下による鼠径ヘルニア手術や胆嚢摘出術、内視鏡下による大腸ポリープ切除が多くなっています。
胆石、胃、大腸などに対する手術創の小さな腹腔鏡下手術や乳癌に対する乳房温存手術など患者様にやさしい手術を積極的に取り入れています。


診療科名:整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 69 2.65 29.61 24.64% 84.19  
K0811 人工骨頭挿入術(股) 51 2.78 28.65 31.37% 81.08  
K0821 人工関節置換術(股) 27 2.93 32.59 11.11% 72.11  
K0732 関節内骨折観血的手術(手) 21 2.10 15.90 4.76% 71.43  
K0461 骨折観血的手術(上腕) 17 3.63 14.13 23.53% 65.56  

整形外科では、高齢者の転倒などによる大腿骨骨折に対する骨折観血的手術や人工骨頭挿入術の件数が多くなっています。
ほとんどの場合、手術後は患者様の日常生活動作(ADL)向上を目指して一般病棟から地域包括ケア病棟へ転棟し、リハビリテーションなどの継続的な治療を行っているため術後日数が長くなっています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる 12 6.45
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる

ここに挙げられている傷病名については、治療を行う上でゼロにはなり得ないが、少しでも改善すべきものとして挙げられている疾患です。
DPC病名と入院契機が「同一」か「異なる」に分類して集計し、「同一」は該当の疾患に対する診療目的で入院し、その治療を行ったということを表し、「異なる」は該当の疾患以外の診療目的で入院したが、併発していた、もしくは入院中に他疾患を発症したことにより、集計対象傷病名の治療が主となった場合を表します。
数値が10未満の症例は記載しておりません。

更新履歴

2019/09/30 機能評価係数2の保険診療指数における「病院情報」を更新しました。
2018/09/29 機能評価係数2の保険診療指数における「病院情報」を更新しました。
2017/09/30 機能評価係数2の保険診療指数における「病院情報」を更新しました。
2016/09/30 機能評価係数2の保険診療指数における「病院情報」を公開しました。

ページのトップへ