感染管理認定看護師

主な看護内容

感染管理認定看護師は、院内の感染管理に携わっています。
その対象は、患者様とそのご家族、訪問者や院内で働く職員全てを含みます。
病院に関わる全ての人々に対して、感染の危険から守り、各診療科での治療をスムーズに受けていただけるような感染予防活動や、感染症を患っておられる患者様が速やかに快方へ向かうことが出来るように感染対策の実践や職員への指導を行います。
また、患者様や職員などから、感染に関連した予防や対策についてのご相談をお受けすることもあります。

感染管理認定看護師

認定看護師としてこんなことしています

感染管理認定看護師

兼任の感染管理認定看護師として外科・内科・泌尿器科の混合病棟に所属しています。
日々のケア場面に密着して感染管理を行う中で、自身がモデルとなりケアの実践を行っています。
また、病棟内におられる患者様やご家族、職員などに対して感染予防に関する指導や助言を行っています。
専従の感染管理認定看護師と共に、他の部署へ訪問することもあり、病棟内だけでなく院内全体を活動の場としています。

病院をどうしていきたいか今後の目標

当院が地域における感染管理のモデルとなるように、職員と共に日々研鑽しています。
今後は、地域全体で感染管理の質を向上していくために、他の施設との連携をより密に行い、病院の枠を越えた感染管理活動をしていきたいと思っています。

感染管理認定看護師

ページのトップへ