今、取り組んでいること
認知症ケアについて日々勉強

私が今、取り組んでいることは、認知症ケアです。
急性期病棟で働きだして4年目となりますが、日々入院してこられる患者様の高齢化に伴い、認知機能の低下を踏まえた上での看護が必然となっています。
認知症になっている方が身体的疾患の発症にて入院される場合もありますが、入院前は普通に日常生活を送られていた方が、入院という生活環境の変化により認知機能が低下し、現状を受け入れられず、困惑される方が多くなっています。

先輩メッセージ写真
先輩メッセージ写真
より質の高い看護を目指し

認知症症状の悪化は、身体疾患の治療にも影響を与えかねないため、悪化させないための看護が必要であると「認知症高齢者の看護実践に必要な知識」という研修で学びました。
今後は、入院される高齢者の方々にとって、より質の高い安心した入院生活が送れる看護が提供できるような看護師を目指し、知識を深めていきたいと思います。

ページのトップへ