今、取り組んでいること
院内外の研修や勉強会へ参加

内科病棟に所属して5年目になります。
急性期病棟ではありますが、慢性疾患を既往歴に持つ患者様も少なくありません。
中でも糖尿病を基礎疾患に持つ方は多く、統計調査でも当院圏内においてその傾向があるという結果が出ています。
このことからも糖尿病看護に対する重要性を自覚し、院内外の研修や勉強会に参加し研鑽に励んでいます。

先輩メッセージ写真
先輩メッセージ写真
学習環境の整備

また、当院ではeラーニングが導入されており、自分の空いた時間でwebラーニングができるという学習環境も整っています。
今後、学習を深め、院内における糖尿病教育指導の充実に繋げられればと思っています。

指導する立場を実感

年々、新人看護師の皆さんが続々と入職されています。私自身、経験年数を重ねていくにつれ、自らが学ぶという立場に加え、後輩を指導するという役割も課されていることを実感し、益々看護の力を磨かなければと襟を正す毎日です。

看護という広い分野の中で追及したいと思えることを見出すことができたため、今後、知識・技術を深め、後輩看護師の皆さんをはじめ、病棟に還元できるようにしたいと思っています。

先輩メッセージ写真

ページのトップへ